中小企業のための
SDGsコンサルティング

社会から選ばれる、
未来につながる会社づくりを
応援します

ABOUT

「持続可能な社会を
目指すSDGs」

SDGsとは、「Sustainable Development Goals」…持続可能な開発目標のことです。2015年9月の国連サミットで採択され、貧困や飢餓、健康、教育、エネルギー、経済、生態系保護など、世界を取り巻くあらゆる課題について、17の目標と169のターゲットで構成されています。企業がビジネスを通してこれらに取り組むには、どのような手段を取ればよいのでしょうか?

…まずは、SDGsへの「理解」を深めます。それから「推進」させるために「目標設定」を行い、最終的には「経営統合」につなげます。この流れを「定着」させることが、企業ブランドのさらなる向上への道標となります。

中小企業こそがSDGs経営を通じて、社会課題解決に貢献することが可能です。そして、持続可能な企業として未来に向け発展していくことを、私たちNA&Well-Being株式会社はサポートしてまいります。お気軽にお問い合わせください。

SERVICE 事業紹介

コンサルティングの
概要

行動指針「SDGs Compass」を活用して企業のSDGs経営を進めてまいります。
SDGs Compassとは、企業のSDGs経営のために作成された「導入手引書」のこと。
GRI(Global Reporting Initiative)、国連グローバル・コンパクト(UNGC)、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)の3団体により作成されたものです。

  • 【STEP1】
    SDGsを理解する

    まずは「SDGsとは何か?」という理解から深めていきます。「聞いたことはあるがSDGsがまだよくわからない」「誰に聞けばいいのかわからない」という方もご安心ください。まずは十分に理解できるようご支援をしてまいります。

    《内容》
    SDGsとは何か / 企業がSDGsを利用する理論的根拠 / 企業の基本的責任 / インナーブランディングによるSDGsの浸透

  • 【STEP2】
    優先課題を決定する

    まずは企業内の現状の活動とSDGsの紐づけを行うことで、企業の活動分野や企業方針を含め、自社活動の実践課題を見定めることができます。
    その際、SDGsに関する活動を評価し、リスクを鑑みながら優先的に取り組む課題を決定します。

  • 【STEP3】
    目標を設定する

    どのSDGs活動を行うか決まったら、具体的で実行可能な目標を設定します。目標をSDGsと整合させることにより「明確なコミットメント」を示すことができるようになります。優先度の高さや重要な事項を共有し、パフォーマンスを改善していきましょう。

    《内容》
    SDGs活動目標範囲を設定 / 意欲度を設定 / SDGsへのコミットメントを公表

  • 【STEP4】
    経営へ統合する

    計画策定が終わったら、企業内のすべての部門、事業などに持続可能な目標を必要な部分に組み込みます。目標を共有して追求するためには、企業内にかかわらず政府や市民社会団体とのパートナーシップにより協働していく可能性も考えながら策定する必要があります。

    《内容》
    持続可能な目標を企業に定着 / すべての部門に持続可能性を組み込む / パ-トナーシップに取り組む

  • 【STEP5】
    報告とコミュニケーションを行う

    共通の指標や共有された優先課題を活用して、パフォーマンスの報告会を行います。SDGsについてさらに深耕していくため、多くのステークホルダーとの意見交換や報告に導入していきましょう。

    《内容》
    定期的な調査 / 効果的な報告 / 達成度についてのコミュニケーション

SDGsに取り組む
ことのメリット

SDGsに取り組むことは 「社会課題解決に取り組む企業・これから必要とされる企業」とみなされるため、企業イメージや企業価値の向上につながります。得られるメリットとして、下記のようなものが挙げられます。

  • SDGsの取り組み

    社会課題へ対応することで、社会貢献度が上がり業界での先進的な企業へと転換します。企業イメージや企業価値も上がるため、同じくSDGs活動を行う優良顧客の共感を得られやすくなり、結果的に経営リスクの回避へとつながっていきます。

  • 働き方改革の推進

    ディーセントワークの推進は生産性向上へと繋がり、社員のモチベーションや質に好影響を与えます。SDGs的思考は今後の道標となり、必要かつ新たなイノベーションやそのかかわりから、新たなパートナーシップへと結びついていきます。

  • 採用活動

    インナー・アウターブランディングによって、企業の求める持続的可能な未来が可視化され、優秀な人材の確保が他社に比べて行いやすくなります。

  • 新たな事業機会の創出

    新しい取引先や事業パートナーの獲得機会も生まれます。SDGsに取り組む企業は国際的にも高く評価されるため、海外進出の機会創出にも結びついていきます。

  • 企業の生存戦略

    ビジネス取引条件に大きな役割を持つことも。一部の金融機関でSDGsに取り組んでいることを条件に金利を優遇するなどの動きもみられています。持続的可能な経営戦略の策定など、幅広く今後の進出の一役を担っていくと言えます。

FLOW ご支援の流れ

コンサルティング・
アクションプラン

企業が一体となってSDGs活動に取り組むため、社員参加型の体制をつくります。
各ステージごとに課題に沿って体制づくりを進めていきます。

  • 【1st ステージ】
    SDGsとかかわる

    ■体制構築
    ①経営者層向け研修会
    ②SDGs導入計画の作成
    └会社経営方針とSDGsとの紐づけ
    └事業とSDGsとの紐づけ分析による課題の摘出
    └企業ブランド力向上ストーリー作成
    ③リーダー向け研修会
    ④キックオフ
    └すべての会社内活動をSDGsに置き換える(紐づけ作業)
    └会社内活動、業務活動、会社での生活活動の確認

    ■SDGs活動を「体感」
    ⑤インナーブランディング
    └全社員向けセミナー/ワークショップ
    └会社内活動と業務活動
    └会社での生活活動への紐づけ
    ⑥SDGs活動のプランニング
    └現状のSDGs活動と紐づけ作業との確認
    └ホームページでの活動公開準備

  • 【2nd ステージ】
    SDGs活動の確立

    ■企業内外でのSDGs活動の「見える化」
    ①会社内活動・個人活動とSDGsの広がり
    └ホームページ公開
    └採用活動
    ②SDGs活動目標と成果を明確にする
    └初年度実践課題の決定(会社・個人)
    └最適な目標設定
    ③SDGsの道標をつくる
    └標準化施策(みんなで考える指標づくり)
    └生産活動指針の策定
    ④SDGsの取り組みと会社の将来を考える
    └SDGs経営戦略を基軸とした既存戦略、バリューチェーンの見直し
    └事業展開を見据えたイノベーションへの取り組み
    └商品開発、新事業進出、地域貢献
    └「環境⇔社会⇔経済」を両立するスタイル確立
    └新機軸の戦略構築、マーケティング、サプライチェーンの施策づくり

  • 【3rd ステージ】
    SDGsの定着化

    ■新たな企業イメージの発信・持続的可能な企業ストーリーの創造と定着化
    ①定期的なレベルチェックの支援
    ②SDGs活動報告書の作成
    ③年度計画の作成
    ④認知活動
    └ホームページやSNSなどで発信

WORK 事例紹介

  • 製造業

    株式会社
    マルト長谷川工作所 様

    ■企業概要
    1924年創業。ペンチなどの作業工具を製造しており、自社ブランド「KEIBA」を展開。製品は日本のみならず20ヶ国以上の国々へ輸出されている。近年は理美容分野へも進出。機械による精密加工と匠の技を融合させた製造法で優れた製品を送り出している。

    ■株式会社マルト長谷川工作所HP
    http://www.keiba-tool.com/

VOICE お客様の声

Q. なぜSDGsに取り組もうと思ったのでしょうか?

きっかけは3つあります。まず、当社は先進地である欧米市場と取引することが多く、そこのベンチマークを知っていく中で、流れに遅れたくないと思いました。また、コロナ渦で先行きが見えない中、アフターコロナの新しいバリュートレンドとして「これだ!」と思いました。3年後に当社は100周年を迎えます。会社としてさらにアクセルを踏み込める目標が欲しかったのもきっかけの一つです。

Q. コンサルティングに相談したきっかけを教えてください。

コンサルタントの井上さんともともと交流があり、人柄に惹かれておりましたので、勢いで相談しました。コンサルタントの中では珍しく、勉強熱心で謙虚な方だと思います。私たちと同じ目線でお話できるので、緊張せず、明るく楽しい雰囲気で私たちも学ぶことができています。

Q. コンサルティングを受けて一番の変化や良かったと思うことは何でしょうか。

思ったより早いペースで全社展開できたことです。取り組むことは必ずカタチに“なります”し、カタチに“できます”。成果を可視化できるので、SDGsプロジェクトを担当する社員も前向きに、ほかの社員も積極的に参加してくれています。

Q. 特に気に入ったところはありますか?

グループ会社の社労士法人では製造業をメインに安全衛生管理をされているので、製造業ならではの事情も熟知されています。それを踏まえた提案をしてくださるのでありがたいです。コンサルを受けるたびに情報や資料を提供してくださるので、とても信頼が寄せられる方だなという印象があります。

CONTACT お問い合わせ

ご予約やお問い合わせなどは、下記のフォームより承ります。
必要事項をご入力の上、「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。

※メールの場合、ご返信が少し遅くなることがあります。
お急ぎの方は、直接お電話をくださいますようお願いします。

入力した内容に間違いがありませんでしたら
「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須お名前
任意電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容

プライバシーポリシー

NA&Well-Being株式会社(以下、「当社」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス
(以下、「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて、以下のとおり
プライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(プライバシー情報)
  1. 1.プライバシー情報のうち「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。
  2. 2.プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外のものをいい、ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品、ご覧になったページや広告の履歴、ユーザーが検索された検索キーワード、ご利用日時、ご利用の方法、ご利用環境、郵便番号や性別、職業、年齢、ユーザーのIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などを指します。
第2条(プライバシー情報の収集方法)
  1. 1.当社は、ユーザーが利用登録をする際に氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また、ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や、決済に関する情報を当社の提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下、「提携先」といいます。)などから収集することがあります。
  2. 2.当社は、ユーザーについて、利用したサービスやソフトウエア、購入した商品、閲覧したページや広告の履歴、検索した検索キーワード、利用日時、利用方法、利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態、利用に際しての各種設定情報なども含みます)、IPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を、ユーザーが当社や提携先のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。
第3条(個人情報を収集・利用する目的)
当社が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。

  1. (1)ユーザーに自分の登録情報の閲覧や修正、利用状況の閲覧を行っていただくために、氏名、住所、連絡先、支払方法などの登録情報、利用されたサービスや購入された商品、およびそれらの代金などに関する情報を表示する目的
  2. (2)ユーザーにお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やユーザーに商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため、氏名や住所などの連絡先情報を利用する目的
  3. (3)ユーザーの本人確認を行うために、氏名、生年月日、住所、電話番号、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号、配達証明付き郵便の到達結果などの情報を利用する目的
  4. (4)ユーザーに代金を請求するために、購入された商品名や数量、利用されたサービスの種類や期間、回数、請求金額、氏名、住所、銀行口座番号やクレジットカード番号などの支払に関する情報などを利用する目的
  5. (5)ユーザーが簡便にデータを入力できるようにするために、当社に登録されている情報を入力画面に表示させたり、ユーザーのご指示に基づいて他のサービスなど(提携先が提供するものも含みます)に転送したりする目的
  6. (6)代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど、本サービスの利用規約に違反したユーザーや、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために、利用態様、氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的
  7. (7)ユーザーからのお問い合わせに対応するために、お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報など当社がユーザーに対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や、ユーザーのサービス利用状況、連絡先情報などを利用する目的
  8. (8)上記の利用目的に付随する目的
第4条(個人情報の第三者提供)
  1. 1.当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
    1. (1)法令に基づく場合
    2. (2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    3. (3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    4. (4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
    5. (5)予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
      1.利用目的に第三者への提供を含むこと
      2.第三者に提供されるデータの項目
      3.第三者への提供の手段または方法
      4.本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
  2. 2.前項の定めにかかわらず、次に掲げる場合は第三者には該当しないものとします。
    1. (1)当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
    2. (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    3. (3)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いているとき
第5条(個人情報の開示)
  1. 1.当社は、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。なお、個人情報の開示に際しては、1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
    1. (1)本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    2. (2)当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    3. (3)その他法令に違反することとなる場合
  2. 2.前項の定めにかかわらず、履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。
第6条(個人情報の訂正および削除)
  1. 1.ユーザーは、当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当社が定める手続きにより、当社に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。
  2. 2.当社は、ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正または削除を行い、これをユーザーに通知します。
第7条(個人情報の利用停止等)
当社は、本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を要する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。
第8条(プライバシーポリシーの変更)
  1. 1.本ポリシーの内容は、ユーザーに通知することなく、変更することができるものとします。
  2. 2.当社が別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

COMPANY 企業情報

会社概要

会社名 NA&Well-Being株式会社
グループ公式サイト https://na-consulting-group.jp
代表者 井上 智玄
所在地 〒959-1286
新潟県燕市小関577-1
電話番号 0256-64-5288
事業内容 SDGsコンサルティング
デジタルツールによる勤怠管理
健康経営支援
メンタルヘルス
ストレスチェック
アンガーマネジメント・ハラスメント対策
レコメンドリクルーティング

アクセス

住所 〒959-1286
新潟県燕市小関577-1
電話番号 0256-64-5288
アクセス JR越後線「粟生津駅」より車で約6分
JR弥彦線「燕三条駅」より車で約10分